バク転・バック転のやり方教えます

1 : 練習を始める前に

2 : 後ろへ体を勢いよく倒す

3 : 体を伸ばして後ろへ跳ぶ

4 : 首を返して着手する

5 : 倒立姿勢を経過して着地する

6 : まとめ

【 トップページ 】



6 : まとめ







バク転の動作を4つの工程に分解して、やり方、練習方法をここまで紹介してきました。

すべてのことを一気にやろうとすると頭が混乱してくると思いますので、各工程1つ1つを確実に、自然な動きができるようになるまで練習しましょう。

最初の工程が確実にできるようになり、次の工程も確実にできるようになったら、2つの工程を続けて行う練習をしましょう。

またその次の工程が確実になれば、3つの工程を続けて行う、それを繰り返していきます。

恐怖心もあるかと思いますが、すべては慣れ、練習の回数を重ねることで克服することができます。

みなさんが今 操作しているパソコンも慣れないころは、 「 こういう時は右クリック 」 とか 「 こんな時はダブルクリック 」 と、いちいち考えないと操作できなかったと思います。

しかし慣れてしまえば、考えなくても自然に手が動くようになります。 バク転にも同じことがいえます。

最後になりますが、絶対にケガだけはしないよう、細心の注意を払って練習を行って下さい。 できればやはり、補助者をつけることをオススメします。







【 このページのトップに戻る 】

・ バク転のコツ - これは間違い?

・ 動画で見るバク転

・ おまけ - 体操競技の歴史について

・ あとがき




(C) バク転・バック転のやり方教えます
All rights reserved