バク転・バック転のやり方教えます

    あなたにも きっと出来る! バク転・バック転!


理屈ぬきでかっこいい バク転・バック転。 「 出来たらいいけど、自分には無理 」 なんて思ってませんか。
 
とても難しそうに見えるかもしれませんが、実はそれほどでもありません。
 
正しいやり方、方法で練習すれば、高い確率であなたもきっと できるようになります 。


     sponsored links
 
バク転・バック転のやり方教えます - トップページ -
 
バク転のやり方 1  :  練習を始める前に

バク転のやり方 2  :  後ろへ体を勢いよく倒す

バク転のやり方 3  :  体を伸ばして後ろへ跳ぶ

バク転のやり方 4  :  首を返して着手する

バク転のやり方 5  :  倒立姿勢を経過して着地する

バク転のやり方 6  :  まとめ
 




バク転のコツ - これは間違い?       動画で見るバク転       おまけ - 体操競技の歴史について       あとがき



  バク転のやり方 :  おまけ : 体操競技の歴史について      

 
     



sponsored links 
  体操競技のルーツはドイツにあります。

当時、ナポレオン戦争に敗れドイツ全体が沈滞していた時、体育教師の 「 ヤーン 」が少年達を鍛え励ますために1881年、ベルリン郊外ハーゼンハイデに野外体操場を造りました。

木馬、平行棒、水平棒というような器械が使われ、現代の体操競技の器械の原型になったといわれています。

少年達を鍛えることが目的であった器械体操が民衆に広まり、ドイツ国内のみにとどまらず、次第にスポーツとして競い合われるようになりました。

そして器械体操を普及、発展させようと1881年7月、ベルギー、オランダ、フランス、イタリアの代表がベルギーのリュージュに集まり、組織を創りました。

ここで結成されたのが国際協約を作成した連合団体で、現在の国際体操連盟 ( FIG = Federation International de Gymnastics ) の母体となっています。

この組織発足から15年後、第1回・アテネオリンピック大会で、ギリシャ、ドイツ、フランス、ハンガリー、スイスの5カ国 18選手の参加により正式種目として、現在でいう、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒の5種目が競われました。

その後男子は、ゆかを加えた6種目、女子は跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆかの4種目からなり、現在に至ります。


参考文献 : カラーブック スポーツのみかた 体操競技(保育社)










   

sponsored links 
 
 





 

Copyright ©    バク転・バック転のやり方教えます   All rights reserved