バク転・バック転のやり方教えます

    あなたにも きっと出来る! バク転・バック転!


理屈ぬきでかっこいい バク転・バック転。 「 出来たらいいけど、自分には無理 」 なんて思ってませんか。
 
とても難しそうに見えるかもしれませんが、実はそれほどでもありません。
 
正しいやり方、方法で練習すれば、高い確率であなたもきっと できるようになります 。


 
バク転・バック転のやり方教えます - トップページ -
 
バク転のやり方 1  :  練習を始める前に

バク転のやり方 2  :  後ろへ体を勢いよく倒す

バク転のやり方 3  :  体を伸ばして後ろへ跳ぶ

バク転のやり方 4  :  首を返して着手する

バク転のやり方 5  :  倒立姿勢を経過して着地する

バク転のやり方 6  :  まとめ
 
     sponsored links




バク転のコツ - これは間違い?       動画で見るバク転       おまけ - 体操競技の歴史について       あとがき



  バク転のやり方 :  動画で見るバク転      

 
     



sponsored links 
  当サイトでは文字での解説をメインに、イラストを交えながら、バク転の練習方法について解説をしています。

しかし実際にバク転を練習している人の中には、動画を参考にしたいという方も数多くおられることでしょう。

そこで "YouTube" で 「 バク転 」 を検索して、参考になる動画はないかな …? と探してみても、なかなか良い動画がないようですね。

そんな時は 「 バク転 」 ではなく 「 back handspring 」 で検索してみましょう。

英語で 「 バク転 」 は 「 back handspring 」 です。 ちなみに対になる前方転回は 「 front handspring 」 です。

私も検索してみましたが、とりあえず下記の2つの動画を見てみることを、オススメ致します。




まず1つ目の動画は、バク転のやり方のコツを解説者が実践しながら、丁寧に教えてくれています。

海外から投稿された動画ですので、解説は当然 外国語です。

… が、一度 当サイトの 「 バク転・バック転のやり方−2 〜 5 」 を読んでから動画を見ていただくと、言葉が分からなくとも、だいたい何を言っているか理解できると思います。

当サイトの解説と、同じようなことを言っているところが、結構あるようです。

動画はこちら →  Back Handspring Tutorial




次の2つ目はバク転の良くない例です。

お兄さんがバク転の練習をしている動画なのですが、手を早く着こうとして、腕が全然振り上げられていない、ヒザが出てしまって勢いがなく、バク転が潰れてしまう … など、良くない例をたくさん見せてくれます。

良くない例を見ることも、大変 参考になると思います。

動画はこちら →  Back Handsprings




最後にオマケですが、最近は 「 バク転 」 と 「 ドアラ 」 の関連付けが、とっても強いようでして …

まぁ、これはこれで楽しいので、バク転練習中の息抜きにでもご覧下さい。

動画はこちら →  ドアラ バク転  
   

sponsored links 
 
 





 

Copyright ©    バク転・バック転のやり方教えます   All rights reserved